前へ
次へ

池袋のマンションのリフォームで理想の住まい

賃貸のマンションの場合は特に、どこまでが手を加えてよいものか、どこまでいけないのかリフォームしてよい所といけない所が分かりにくいものです。個人で勝手に間取りの変更などをしてはいけない部分もありますので、リフォームの際には入居時の契約書を確認したり、家主に確認を取ったりする必要があります。通常、池袋のマンションはコンクリートでできた構造体ですので、この共用部分を勝手に削ったり穴を開けたりすることは禁じられています。しかし、その構造体の中に作られた間仕切りや床下地は専有部分となりますので、一般的にリフォームが可能となります。お手頃な中古物件を探し、そのマンションに手を加えることで、池袋の新築マンション以上の満足度とコストパフォーマンスを手に入れることも可能となるのです。

Page Top